アルバイト面接ではコレが重要。採用される為のポイントを事前に抑えよう

アルバイト面接において採用される最大のポイントは雇用者側を如何にその人と働きたいと思わせられるかという所にあると思います。しかし採用にあたり重視するポイントは雇用者によって変わってくるので難しい所だと思いますが、どのようなジャンルの仕事でも社員として共通して求められるポイントを理解して面接に臨めば採用に一歩近づくことができるのです。そこで今回はアルバイト面接で採用されるのに重要なポイントを話していきたいと思います。

社交性がある

アルバイト面接においては就職面接とは違い、話が弾まない人よりも話が弾み、なんでも話してくれる社交性のある人の方が有利になります。理由としてもし面接での感じを加味し採用した時に置き換えると、  仕事ととはいえ一緒に働く人が社交性の無い人より社交性のある人と働いていた方が楽しく働けますし、職場の雰囲気も良くなるからです。そのことから社交性のある人がアルバイト社員では重視されます。

我が強くない

アルバイトでは自分の意見を押し通す人よりも周りの社員やアルバイトと連携してチームプレーをしてくれる人が重視されます。それなのに面接で気合いの入り過ぎから自分の信念や持論を展開し過ぎてしまい自分の主張ばかり話してしまう人は、自分を持っている人かもしれませんが、アルバイト社員としては需要が少なく自ずと採用が遠のいてしまいます。 アルバイト社員には自分の我を押し通す人よりも、人の意見を尊重するひとや手段に溶け込もうとする人が求められます。

あいさつがしっかりとできる

アルバイト社員というよりも一人の人間としてあいさつがしっかりできるか否かは常識であり、採用の合否にも大きく関わります。あいさつがしっかりできないと社内・取引先・お客様などに不快な印象を与えることになり、場合によってはあいさつ一つで取り返しのいつかない事態を招き、会社に損害を与えかねません。そのことから面接の際、あいさつはできない人はいずれ問題を起こす可能性がある人だと捉えられ、自ずと敬遠されてしまいます。

まとめ

ここまで色々と話してきましたがアルバイトの面接では一人の人間として、如何に雇用者側に一緒に働きたいと思わせるかが大事なポイントになってきます。社交性があり一緒に働いていて楽しい人や自分の意見を押し通さず周りと連携しながら仕事をしてくれる人が求められます。また一番基本で一番重要なあいさつがしっかりできない人は社交性や自分の主張を押し通さない人という前に一人の人間として敬遠されてしまうので一番注意し、意識しなくてはならないポイントになります。