社員みんながピリピリし出した・不穏なバイト先の特徴とは?

いつもはみんな和気アイアイと喋って、仕事のこともあまり厳しく言われず、楽しく毎日が過ごすことができた。これでバイト代もらっていいのっていうくらいのゆるい会社で、平和な毎日、大学のサークル時代の楽しげな空気だったり、海外旅行でいった集団の宿のようで、青春時代の延長、楽しく暮らせて、お金ももらえるユートピア見つけたと思っていたら、なぜか突然、社員がピリピリし出して、バイト連中もそれにつられてなんか真面目にやっているなんだろうな、少し喋りかけてもなんか空気がヤバイというか、不穏な感じがするし、仕事が少しでも遅れると怒鳴られる。前はむしろ早く終わったら、なんだもう終わっちゃったのくらいの勢いだったのに急に。そういえば、社員同士がヒソヒソ聞こえないくらいの声で何か密談していたり、社長がもうすぐ来るからといきなり慌てたり、理由はわからないが何か心当たりはある。しかも勤務時間は減らされるし、これも昔は社員も来れる時は来て欲しいと懇願していたのにもかかわらず、いきなり人件費がなくなるからなるべく来なくていい時は来ないでみたいな、ひどい言い方、もうこういう会社は危険信号です。

結局社員も自分が一番かわいい

よく可愛がってくれた先輩社員も、なんだか急に冷たくなった。会社の業績が傾いたのか、自分が首を切られる恐怖なのか。バイトは自分より稼ぎが少ないとわかっていたのか、昔は勤務時間をサービスしてくれたりしていたのに、会社が傾くと、自分も真っ先に切られる、もしくは自分の給料が少なくなるという危険もはらんでいるので、こういう時は自分の身が一番大事、バイトが給料もらえないなんて知ったこっちゃない。自分の給料が減るのは一番社員にとっても困ることなのです。なので、自分の身だけが大事。困ったら人間こんなもんなんです。戦争になったらいち早く自分の食料を確保するような人間です。または、食料危機と噂されたら買い占めを図るのはこういうタイプです。オイルショックの時が顕著でしょう。
結局何が言いたいかというと、バイト先も業績が第一ですし、社員も自分の給料が第一、バイトはそれに付随するものなので、真っ先に切られる可能性が高いということです。一般的に考えたら給与の高い社員を切ることを考えますが、正規で雇用している、情もわきますので、バイトで週に何度か来るくらいの貢献度が仇となり、弱いものから切る、悲しいかなこういう構図があります。