アルバイトの面接だからといって油断は禁物。服装にも注意しよう

迷ったらスーツを着ていけば不快な印象を持たれることはありませんが、アルバイト面接の場合は就職活動とは違いスーツなどのかしこまった服装で臨む人はほぼおらず、私服で臨む人がほとんどだと思います。確かにアルバイトの面接はスーツを着ていくほどのものではないという共通認識があり、実際にスーツを着てこなかったからマイナスポイントということにはなりません。だからといって私服で臨む際、何を着ていってもいいという訳ではありません。そこで今回はアルバイト面接を受ける際、服装のどういうところに気をつけたらいいのか話していきたいと思います。

清潔感のある服装にする

まず一緒に働く人を選ぶときに不潔そうな人と清潔そうな人がいたら、人間誰しもが清潔そうな人を選ぶはずです。面接という対面する場でその人の清潔度が顕著に出るのが服装です。服装に気を配れない、ましてや面接という大切な場で清潔が保たれていないということは確実に普段からそういう人だと思われても仕方がないのです。
そうならない為にも服装を清潔に見せるには、ダボダボ、ピチピチといった自分のサイズに合っていない服装は避け、サイズ整ったものを着用し、襟付きのもの、ファッションの定番であるジーンズは本来作業着であることから着用することを避け、スラックスなど落ち着いた色のものを着用して靴は綺麗なものを履きましょう。 

装身具は身につけない

面接ではネックレスやブレスレット、ピアスなど装身具は付けていかない方が良いでしょう。理由としては面接において自分を派手に見せたり、着飾ったりすることは必要が無く、自分を派手に見せようとする人は我が強い印象を相手に持たせてしまいマイナスポイントにしかなりません。  そのことから装身具は着用していかない方が無難であり、着用しても時間が把握できる腕時計ぐらいにしておきましょう。

髪は綺麗にまとめる

面接を受けるということはその職場で働きたいという意思を持っているということなのでマナーとして髪型にも気を配りましょう。寝癖などは勿論、過度の着色、パーマなどは避けた方が良いでしょう。男性ならば前髪が目にかからないように髪を整え、短髪がベーターでしょう。女性ならば 肩に髪が掛からないようにしっかりと結び、男性同様、前髪は目に掛からないようにしましょう。 

まとめ

ここまで色々話してきましたがアルバイトの面接は就職面接ほど服装を気にしなくていいというのは確かにあると思いますが、だからこそ最低限の清潔感を保つことが重要なポイントになってきます。自分のサイズに合ったものを着用することは勿論、ネックレスやブレスレット、ピアスなどの装身品は着用しない方が無難です。また髪型も個性が強すぎるものにはせずに、面接という人と対面する場で目が隠れないように整えるのが大事なポイントになってきます。