前日突然休めるバイトってあります?融通が効くバイトとは?

役者や芸能関係、他の仕事をしている人など、急にスケジュールが決まったり、逆に変更が度々あって、その仕事を逃すとチャンスが次にいつくるかわからない、いけないと断ったら誘われづらくなって、オファーがいつまでたっても来ない、などという特殊な事情がある人、また単純に体がきつい、健康状態がよくない人などで休みを直前に取りたいなどという人は、バイト選びも限られますし、探さなければなりません。
通常ならバイトはシフトというものに管理され、一ヶ月単位や二週間単位で休みを確定させたりします。それだと急に休めなくなるので、融通の効く、休みが取りやすい仕事を必然的に探す事になります。これは役者ならずとも、知っておいて損はないので、いくつか融通の効くバイトを見てみましょう。

オーナーが個人経営

職種ではなく、経営のスタイルによっても融通の利きやすさが変わってきます。全国チェーンで人数が多い大型店などでは、逆に入れ替えが効くというパターンもありますが、だいたいシフトでがっつり固定され、変更するとなると代わりの人を立てないと休めない、本部などに再び連絡して何人もの関係者を経由して、変更の許可を取らないと休めないなどというケースが多いです。逆に個人経営でオーナーとの距離が近くて、話しやすかったり、どんぶり的な経営の人だったりしたら、急な休みでもバイトの気持ちを汲んでくれたり、融通を効かせてくれる場合があります。ただ問題としては、オーナーに嫌われたらアウトなので、日々コミュニケーションは欠かせないので、フランクな人なら何の問題もないでしょう。

スナック・コンビ二・テレアポで融通を効かす

例えば、スナックなどのお水系の夜の商売だと伝統的に日払いであったり、その日暮らしの人も多かったりするので、一日単位でシフトを組めたりするというのが理由です。他にもコンビ二でもお店によって、代わりの人を見つければバイト内で自由にシフトが組めたりするケースもありますし、テレアポなども比較的、働いている人も声を使う芸能関係の人が多く働いていたりするので、融通が利きやすいです。また、在宅系などで働いていれば、そもそも時間に縛られないので、空いた時間に業務を遂行さえすれば可能ですので、融通が効きやすいのです。ただ、ひとついえるのは、バイトも人間関係で成り立っているので、急に休みたいというのも誰かの承認のもとに成立するので、友好に接しましょう。